痩せるためのミニ知識★セルライト偏

痩せるためのミニ知識★セルライト偏記事一覧

セルライトとは?★痩せるためのミニ知識

★セルライトの語源とは★良く『セルライト』と聞くけれど、良く知らないという方のために、ここでは、少し詳しく、解説させていただきます。Cellule(細胞)と、ite(鉱物)を合わせて作られた言葉で、フランスで生まれたといわれています。写真左のように、セルライトが浮き出てくると、見た目が凸凹していて、オレンジの皮に似ていることから、欧米では『オレンジ ピール スキン』とも呼ばれております。特に、お腹、太もも、ふくらはぎの多く存在しているイメージが強いですが、顔と胸以外全ての箇所に、存在しているだろうといわれています。痩身の申込はこちら↓↓↓↓↓TBC痩せたい箇所集中シェイプALL¥2,000【T...
続きはコチラ

セルライトと通常の皮下組織との違い★痩せるためのミニ知識

★セルライトと通常の皮下組織の違い★エステサロンにおいては、外見上の特徴で、セルライトと判断しています。『リンパ液の固まったもの』『脂肪細胞同士が付着してできる脂肪の固まり』『成分のほとんどがコラーゲン』など、いろいろな説がありますが、医学的には、今だ研究段階です。簡単にイメージし易いように、あえて表現してみると、『老廃物がからみついた脂肪の固まり』です。コラーゲンも、巻き込まれているため、セルライトが多くなると、働いてくれるコラーゲンが減少し、肌の潤いがなくなって来ます。そしてセルライトが、毛細血管やリンパ管などを圧迫しまくっているため、全身の血流が悪くなり、老廃物が体にたまり、新陳代謝を下...
続きはコチラ

セルライト除去するための方法★エステサロン偏

★セルライトへの施術方法★〜エステサロン偏〜通常の皮下脂肪に対する施術では、なかなか、減少されないのが、セルライトです。エステサロンでは、リンパドレナージュと呼ばれる、マッサージ方法で行われるところと、専用マシーンで施術したり、両方組み合わせて行うという方法があります。【代表的なエステステサロンが扱うセルライト用マシーン名】イタリア製デカ社開発「トロフィックス」   ジェルを使い、肉を揉みほぐしながら、ヘッドをあてていきます。ローラーが付いていて肌へ滑らせながら、吸引&冷却&レーザーの効果で、セルライトを除去します。スペイン製インディバ社開発「インディバ」ボディの下に、電極版がおかれ、クリー...
続きはコチラ

セルライト除去するための方法★美容整形手術偏

★美容整形外科のセルライト除去方法★脂肪吸引昔のように切開手術する方法ではなく、直径3mm程度の細い吸引管を使うために体への負担も少ないですし、傷跡も目立ちません。スマートリポレーザー(イタリア製デカ社)細い管を脂肪の中まで刺し、レーザーをの力で、皮膚の中にさし、脂肪を柔らかく溶かす。そのことで、吸引できる脂肪の量も増え、取れムラもなくなる。そして、施術後の肌が凸凹することも、昔より、少なくなっています。レーザーがあたり温まったことで、肌がとても引きしまります。ボディジェット細い管を脂肪の中まで刺し、ジェット水流の力で、神経とかは傷付けないで、脂肪だけ分離させます。脂肪が拡散して乳化します。カ...
続きはコチラ

セルライト除去するための方法★家庭用マシーン偏

★家庭用セルライト除去マシーンの紹介★●Wellbox(ウェルボックス)●エステステサロンで行う「エンダモロジー」を家庭で可能にしたマシン。審査に厳しい米国FDAが認め、世界110カ国以上で使われている、セルライト除去の代表的なマシンを作った、LPG社が、セルフケア用も開発。ヘッドの種類も、ボディ用からフェイシャル用まであり全てのケアが可能です。価格 25,2600円●Tripollarポーズ・ブラック●ラジオ波を使い、細胞間の水分子を振動させ、摩擦熱を発生。セルライトを燃焼につながります。価格 52,290円●スリムソニックスパU●名前のとおりお風呂に入りながら、セルライトケアができます。超...
続きはコチラ

あなたのセルライト悪化度チェック表

セルライトは太ると増えると思っている方が多いですが、それは、間違えです。見た目の太っている痩せているということでは、その人のセルライト悪化度ははかれません。ガリガリな女性でも、セルライトが悪化している方はとても多いです。ですので、ここでは、見た目では分からない、セルライト悪化している方に共通している状態を、のせていきます。★セルライトの悪化度をチェック★・太ももの前側の肉を指で掴んだときに、肉質が固すぎてつかめない。・生理が28日〜35日ぐらいの周期で来ていない。・毎日同じ姿勢で仕事をしている(座ったままとか、立ったままなど)・ヒールをはいていることが多い。・夏、冷房に弱く、すぐ体が冷え切って...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る